ウォーターサーバーの意外な事実「やけど」対策をしっておこう

ウォーターサーバーのやけどに関しては東京都や国、大手のウォーターサーバーメーカークリクラなどもHP上で対策にこだわっていくと明言しています。

東京都:http://www.metro.tokyo.jp/INET/CHOUSA/2013/03/60n3j200.htm

ウォーターサーバーで火傷するなんて考えもしなかったという人が多いと思いますし事例数としては年に数回あるかないかです。他の何かのキッチン周りの火傷にくらべたら少ないとは思いますが、ゼロにしていくべきという点と、今後ウォーターサーバーはまだまだ家庭に普及していくでしょうから、今の内に常識としてしっておいたほうがいいのだろうと解釈しました。ガスの元栓を閉めておくという当たり前の知識などと同じようにね。

ウォーターサーバーのやけど対策は赤ちゃんやお子さま向け

先ほどの参考の東京都のURLにもありましたが、やけど対策は赤ちゃんやお子さま向けの話です。チャイルドロックの解除が可能かどうかというテストを行ったところ解除出来てしまったという話が載っていますので、ここから熱いお湯が出ると認識している大人が火傷する事はそうそうないかと思います。ただ、熱湯ですから事故的に火傷してしまったっていう事例は少なからずあるでしょうね。

ウォーターサーバーに限らず小さな子供ややっと立ち上がれるようになった子供にとっては、目に入るものはすべて興味がわくのが普通です。熱湯が出るとしらずイジイジしてたらなにかの拍子にお湯がということはあり得ますよね。

またチャイルドロックをを超えてコックが丸ごととれてしまったということも中にはあるようです。ねじ式になっているのがほとんどですからしっかりと締めておく、ゆるんでいないか定期点検をするのも事故防止対策の一つです。

どうしても怖いという場合は熱湯部分だけ使えなくするようにしてくれるメーカーさんもありますので相談してみると良いでしょう。粉ミルクをつくるのが大変便利ですからね・・できれば避けたいですけども。

こういう状況が危険だと思うのは、やんちゃなお子さんが数人で3人目の赤ちゃんがうまれたとかそういうご家庭ですかね。特に男の子が暴れまわる年齢の場合はお家でボールを使って遊んだり侍ごっことかし始めたりするじゃないですか。そうなるとウォーターサーバーに対してもがんがんぶつかっていきそうですし。包丁はあぶない、ウォーターサーバーは熱湯が出るからイタズラしては駄目という教育をうまくすることがまず第一に大事ですが、こういったご家庭の場合、ウォーターサーバーの転倒を防ぐために左右にタンスなりなにかで挟んでおくとか転倒防止対策はしておいたほうが良い気がします。特に小型 ウォーターサーバーなんかは子供の力でも転倒させることができてしまうので、床置きタイプでしっかりした重量があるもののほうが安全かと思います。

やんちゃな猫がいる場合も気をつけよう

猫好きですか?私は好きです。猫って高いところに登る修正があるのですがあれって高いほうが安全だからという本能が働いている様です。

猫を飼っていない家庭で小さなお子さんがいる場合はフレシャスdewoの最上部にボタンが付いているタイプのウォーターサーバーは手が届かないのでとても安全性が高いと思いますが、猫を飼っている場合はここ注意が必要な気がします。高いところに登りプッシュするだけでお湯が出てしまい、ウォーターサーバーの下にお子さんがいた。。。なんて最悪の事態も私は考えておかないと怖いなあと思う派ですね。